WiMAX2+を法人で

皆さん、こんにちは!
持ち運びのできるモバイルルーターということで「WiMAX」という便利なサービスがありますのでここでご紹介したいと思います。

このWiMAXを法人で契約しておくことによって以下のようなメリットが得られます。

 営業の外回りをしている最中でもメールチェックができる
 営業先でも必要な書類をクラウド上で管理、資料閲覧ができる
 モバイルルーターを持ち歩くことで、どこでもインターネットに接続できる
 仕事の場、幅を広げることができる

とても便利なWiMAXですが、いろんな種類があるのでややこしい状態となっています。
また、法人名義での契約においてはいくつか注意点もありますので、知らずに申し込むと損をしてしまうかもしれません。

ということで、今回は法人名義でWiMAXを契約する際の注意点とオススメのプロバイダをお伝えいたします。
この記事を最後までご覧いただければ、どの会社でWiMAXを申し込めばよいのかがお分かりいただけます。

◆WiMAXを申し込むならBroad WiMAXがオススメ!

結論からお伝えします。
法人名義での契約をするなら「Broad WiMAX」がオススメです。
理由は単純で、法人名義での契約におけるメリットが他の会社(プロバイダ)よりも優れているからです。
メリットは下記の3点です。

1. 月額利用料金が安くてお得!
2. 端末代金の値引きが凄い!
3. 最短即日受取が可能!

それぞれを見ていきましょう。

1. 月額利用料金が安くてお得!
WiMAXでは、2つのプランが用意されており、どちらも業界内最安値の料金となっています。

 ライトプラン…ハイスピードモード、ハイスピードモードエリアモード共に7GBまで
 利用開始月:2,726円の日割り
 利用開始月の翌月~24か月目(登録月から見て25か月目):2,726円
 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:3,326円

 ギガ放題プラン…ハイスピードモード時は無制限(速度制限なし)、それ以外は3日で10GBまで
 利用開始月:2,726円の日割り
 利用開始月の翌月~2か月目(登録月から見て3か月目):2,726円
 3か月目~24か月目(登録月から見て4か月目~25か月目):3,411円
 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:4,011円

2. 端末代金の値引きが凄い!
通常、モバイルルーターや携帯電話を申し込む場合、端末代金が発生します。
ところが、Broad WiMAXではキャンペーンが適用されて端末代金18,857円が「0円」になっているのです。
約2万円弱の値引きがあるのはとても嬉しいですよね。
何台契約しても端末代金18,857円が値引きされて「0円」になるので非常にお得です。

3. 最短即日受取が可能!
通常、インターネットから申し込んだ場合、端末が手元に届くまでに2~3営業日の時間がかかります。
その為、急用でモバイルルーターが必要になったとしても使えないケースが多々あります。

ですが、Broad WiMAXはなんと「当日から」使うことが可能になります。
Broad WiMAXは3種類の受け取り方法があり、その中から選択して申し込みを行う形式になっています。

 宅配便:翌日受取
 店舗:当日受取
 バイク便:申し込み完了から2時間後

バイク便で申し込みを行うと、約2時間後には手元にモバイルルーターが届きます。
その日の内にモバイルルーターを使い始めることができるので、大変嬉しいサービスです。

◆法人名義での注意点

個人向けでも法人向けでも、多くの会社(プロバイダといいます)が様々なキャンペーンを展開しています。
WiMAXとは元々、UQコミュニケーションズが提供しているサービスで、それ以外は全て代理店販売という形を取り入れています。
その為、プロバイダによって、キャンペーンの内容が異なります。

 毎月の利用料金から割引がされる
 キャッシュバックを現金で還元してくれる
 等々

法人名義においては「月額利用料金からの割引」を行っているプロバイダを選択することをオススメ致します!
理由は以下の点です。

1.キャッシュバックされる時期は約1年後と期間がかなり空いてしまう
よくあるキャッシュバックの内容として現金で還元します!というものがあります。
ですが、そのキャッシュバックをもらう条件として、特定の期間での申請しか受け付けないという点があります。

よくあるのは、使用してから11か月目にキャッシュバックの申請をする必要がある場合です。
11か月目を過ぎてしまえば、以降はキャッシュバックの申請ができません。
期間が空くので忘れてしまいがちになり、せっかくのキャッシュバック受け取りができないという状況になってしまいます。

法人契約の場合、専任の担当者がいるケースは稀なので他にメインの仕事があります。
そんなにも期間が空いてしまうと、人間どうしても忘れてしまうのでキャッシュバックを受け取れないというケースが多々あります。
また、キャッシュバックを受け取れる期間も「1か月間限定」ということがあるので、少しでも過ぎてしまえば受け取ることができません。
それであるならば、毎月の利用料金から自動で割り引かれた方が漏れもなくて安心です。

2.「法人契約は除く」と書かれているケースが多い
キャッシュバックを行っている会社のホームページはくまなくチェックするようにしましょう。
「提供条件」という項目は非常に小さな文字で書かれているので読みづらいのですが、とても重要な事項が書かれているので目を通すようにして下さい。

その項目の中に、小さな文字で「法人契約は除く」と書かれているケースが非常に多いです。
1つのプロバイダの中で「キャッシュバック」か「毎月の割引」から選択できるならばまだよいですが、もし仮に「キャッシュバック」のキャンペーンしかやっていないプロバイダで契約してしまったら何の恩恵もありません。

3.税金の対象になる
法人がキャッシュバックと言う形で「現金」を受け取る場合、税金の対象となります。
経理上では「雑収入」として記帳されます。
キャッシュバックの金額から税金を持っていかれてはわずかしか残りませんので、メリットにはなりませんよね。

以上の3点の理由から、毎月の月額利用料金から割引されるタイプのキャンペーンを行っているプロバイダを選択するようにしましょう。

◆ちなみに、支払方法の設定・契約時の持ち物について

個人名義の場合、個人名義のクレジットカード払いか口座振替(プランによる)のどちらかしか選択することができません。
ですが、法人名義の場合は請求書払いも可能です。

法人契約をする際の持ち物は以下の通りです。

 身分証明書(免許証やパスポート)
 在籍確認証明書(会社に在籍していることを証明するもの。いわゆる名刺や社員証)

上記2点です。
携帯電話を法人契約する場合は「法人印」と「法人確認書類」が必要になりますが、Broad WiMAXの契約に関しては不要とのことなので覚えておきましょう。

◆まとめ

今回は、WiMAXを法人が契約する際の注意点と題してまとめてみました。
これらの注意点に気を付けて、快適にインターみなさん、こんにちは。
持ち運びのできるモバイルルーターということで「WiMAX」という便利なサービスがあります。
このWiMAXを法人で契約しておくことによって以下のようなメリットが得られます。

 営業の外回りをしている最中でもメールチェックができる
 営業先でも必要な書類をクラウド上で管理、資料閲覧ができる
 モバイルルーターを持ち歩くことで、どこでもインターネットに接続できる
 仕事の場、幅を広げることができる

とても便利なWiMAXですが、いろんな種類があるのでややこしい状態となっています。
また、法人名義での契約においてはいくつか注意点もありますので、知らずに申し込むと損をしてしまうかもしれません。

ということで、今回は法人名義でWiMAXを契約する際の注意点とオススメのプロバイダをお伝えいたします。
この記事を最後までご覧いただければ、どの会社でWiMAXを申し込めばよいのかがお分かりいただけます。

◆WiMAXを申し込むならBroad WiMAXがオススメ!

結論からお伝えします。
法人名義での契約をするなら「Broad WiMAX」がオススメです。
理由は単純で、法人名義での契約におけるメリットが他の会社(プロバイダ)よりも優れているからです。
メリットは下記の3点です。

1. 月額利用料金が安くてお得!
2. 端末代金の値引きが凄い!
3. 最短即日受取が可能!

それぞれを見ていきましょう。

1. 月額利用料金が安くてお得!
WiMAXでは、2つのプランが用意されており、どちらも業界内最安値の料金となっています。

 ライトプラン…ハイスピードモード、ハイスピードモードエリアモード共に7GBまで
 利用開始月:2,726円の日割り
 利用開始月の翌月~24か月目(登録月から見て25か月目):2,726円
 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:3,326円

 ギガ放題プラン…ハイスピードモード時は無制限(速度制限なし)、それ以外は3日で10GBまで
 利用開始月:2,726円の日割り
 利用開始月の翌月~2か月目(登録月から見て3か月目):2,726円
 3か月目~24か月目(登録月から見て4か月目~25か月目):3,411円
 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:4,011円

2. 端末代金の値引きが凄い!
通常、モバイルルーターや携帯電話を申し込む場合、端末代金が発生します。
ところが、Broad WiMAXではキャンペーンが適用されて端末代金18,857円が「0円」になっているのです。
約2万円弱の値引きがあるのはとても嬉しいですよね。
何台契約しても端末代金18,857円が値引きされて「0円」になるので非常にお得です。

3. 最短即日受取が可能!
通常、インターネットから申し込んだ場合、端末が手元に届くまでに2~3営業日の時間がかかります。
その為、急用でモバイルルーターが必要になったとしても使えないケースが多々あります。

ですが、Broad WiMAXはなんと「当日から」使うことが可能になります。
Broad WiMAXは3種類の受け取り方法があり、その中から選択して申し込みを行う形式になっています。

 宅配便:翌日受取
 店舗:当日受取
 バイク便:申し込み完了から2時間後

バイク便で申し込みを行うと、約2時間後には手元にモバイルルーターが届きます。
その日の内にモバイルルーターを使い始めることができるので、大変嬉しいサービスです。

◆法人名義での注意点

個人向けでも法人向けでも、多くの会社(プロバイダといいます)が様々なキャンペーンを展開しています。
WiMAXとは元々、UQコミュニケーションズが提供しているサービスで、それ以外は全て代理店販売という形を取り入れています。
その為、プロバイダによって、キャンペーンの内容が異なります。

 毎月の利用料金から割引がされる
 キャッシュバックを現金で還元してくれる
 等々

法人名義においては「月額利用料金からの割引」を行っているプロバイダを選択することをオススメ致します!
理由は以下の点です。

1.キャッシュバックされる時期は約1年後と期間がかなり空いてしまう
よくあるキャッシュバックの内容として現金で還元します!というものがあります。
ですが、そのキャッシュバックをもらう条件として、特定の期間での申請しか受け付けないという点があります。

よくあるのは、使用してから11か月目にキャッシュバックの申請をする必要がある場合です。
11か月目を過ぎてしまえば、以降はキャッシュバックの申請ができません。
期間が空くので忘れてしまいがちになり、せっかくのキャッシュバック受け取りができないという状況になってしまいます。

法人契約の場合、専任の担当者がいるケースは稀なので他にメインの仕事があります。
そんなにも期間が空いてしまうと、人間どうしても忘れてしまうのでキャッシュバックを受け取れないというケースが多々あります。
また、キャッシュバックを受け取れる期間も「1か月間限定」ということがあるので、少しでも過ぎてしまえば受け取ることができません。
それであるならば、毎月の利用料金から自動で割り引かれた方が漏れもなくて安心です。

2.「法人契約は除く」と書かれているケースが多い
キャッシュバックを行っている会社のホームページはくまなくチェックするようにしましょう。
「提供条件」という項目は非常に小さな文字で書かれているので読みづらいのですが、とても重要な事項が書かれているので目を通すようにして下さい。

その項目の中に、小さな文字で「法人契約は除く」と書かれているケースが非常に多いです。
1つのプロバイダの中で「キャッシュバック」か「毎月の割引」から選択できるならばまだよいですが、もし仮に「キャッシュバック」のキャンペーンしかやっていないプロバイダで契約してしまったら何の恩恵もありません。

3.税金の対象になる
法人がキャッシュバックと言う形で「現金」を受け取る場合、税金の対象となります。
経理上では「雑収入」として記帳されます。
キャッシュバックの金額から税金を持っていかれてはわずかしか残りませんので、メリットにはなりませんよね。

以上の3点の理由から、毎月の月額利用料金から割引されるタイプのキャンペーンを行っているプロバイダを選択するようにしましょう。

◆ちなみに、支払方法の設定・契約時の持ち物について

個人名義の場合、個人名義のクレジットカード払いか口座振替(プランによる)のどちらかしか選択することができません。
ですが、法人名義の場合は請求書払いも可能です。

法人契約をする際の持ち物は以下の通りです。

 身分証明書(免許証やパスポート)
 在籍確認証明書(会社に在籍していることを証明するもの。いわゆる名刺や社員証)

上記2点です。
携帯電話を法人契約する場合は「法人印」と「法人確認書類」が必要になりますが、Broad WiMAXの契約に関しては不要とのことなので覚えておきましょう。

◆まとめ

今回は、WiMAXを法人が契約する際の注意点と題してまとめてみました。
これらの注意点に気を付けて、快適にインターみなさん、こんにちは。
持ち運びのできるモバイルルーターということで「WiMAX」という便利なサービスがあります。
このWiMAXを法人で契約しておくことによって以下のようなメリットが得られます。

 営業の外回りをしている最中でもメールチェックができる
 営業先でも必要な書類をクラウド上で管理、資料閲覧ができる
 モバイルルーターを持ち歩くことで、どこでもインターネットに接続できる
 仕事の場、幅を広げることができる

とても便利なWiMAXですが、いろんな種類があるのでややこしい状態となっています。
また、法人名義での契約においてはいくつか注意点もありますので、知らずに申し込むと損をしてしまうかもしれません。

ということで、今回は法人名義でWiMAXを契約する際の注意点とオススメのプロバイダをお伝えいたします。
この記事を最後までご覧いただければ、どの会社でWiMAXを申し込めばよいのかがお分かりいただけます。

◆WiMAXを申し込むならBroad WiMAXがオススメ!

結論からお伝えします。
法人名義での契約をするなら「Broad WiMAX」がオススメです。
理由は単純で、法人名義での契約におけるメリットが他の会社(プロバイダ)よりも優れているからです。
メリットは下記の3点です。

1. 月額利用料金が安くてお得!
2. 端末代金の値引きが凄い!
3. 最短即日受取が可能!

それぞれを見ていきましょう。

1. 月額利用料金が安くてお得!
WiMAXでは、2つのプランが用意されており、どちらも業界内最安値の料金となっています。

 ライトプラン…ハイスピードモード、ハイスピードモードエリアモード共に7GBまで
 利用開始月:2,726円の日割り
 利用開始月の翌月~24か月目(登録月から見て25か月目):2,726円
 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:3,326円

 ギガ放題プラン…ハイスピードモード時は無制限(速度制限なし)、それ以外は3日で10GBまで
 利用開始月:2,726円の日割り
 利用開始月の翌月~2か月目(登録月から見て3か月目):2,726円
 3か月目~24か月目(登録月から見て4か月目~25か月目):3,411円
 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:4,011円

2. 端末代金の値引きが凄い!
通常、モバイルルーターや携帯電話を申し込む場合、端末代金が発生します。
ところが、Broad WiMAXではキャンペーンが適用されて端末代金18,857円が「0円」になっているのです。
約2万円弱の値引きがあるのはとても嬉しいですよね。
何台契約しても端末代金18,857円が値引きされて「0円」になるので非常にお得です。

3. 最短即日受取が可能!
通常、インターネットから申し込んだ場合、端末が手元に届くまでに2~3営業日の時間がかかります。
その為、急用でモバイルルーターが必要になったとしても使えないケースが多々あります。

ですが、Broad WiMAXはなんと「当日から」使うことが可能になります。
Broad WiMAXは3種類の受け取り方法があり、その中から選択して申し込みを行う形式になっています。

 宅配便:翌日受取
 店舗:当日受取
 バイク便:申し込み完了から2時間後

バイク便で申し込みを行うと、約2時間後には手元にモバイルルーターが届きます。
その日の内にモバイルルーターを使い始めることができるので、大変嬉しいサービスです。

◆法人名義での注意点

個人向けでも法人向けでも、多くの会社(プロバイダといいます)が様々なキャンペーンを展開しています。
WiMAXとは元々、UQコミュニケーションズが提供しているサービスで、それ以外は全て代理店販売という形を取り入れています。
その為、プロバイダによって、キャンペーンの内容が異なります。

 毎月の利用料金から割引がされる
 キャッシュバックを現金で還元してくれる
 等々

法人名義においては「月額利用料金からの割引」を行っているプロバイダを選択することをオススメ致します!
理由は以下の点です。

1.キャッシュバックされる時期は約1年後と期間がかなり空いてしまう
よくあるキャッシュバックの内容として現金で還元します!というものがあります。
ですが、そのキャッシュバックをもらう条件として、特定の期間での申請しか受け付けないという点があります。

よくあるのは、使用してから11か月目にキャッシュバックの申請をする必要がある場合です。
11か月目を過ぎてしまえば、以降はキャッシュバックの申請ができません。
期間が空くので忘れてしまいがちになり、せっかくのキャッシュバック受け取りができないという状況になってしまいます。

法人契約の場合、専任の担当者がいるケースは稀なので他にメインの仕事があります。
そんなにも期間が空いてしまうと、人間どうしても忘れてしまうのでキャッシュバックを受け取れないというケースが多々あります。
また、キャッシュバックを受け取れる期間も「1か月間限定」ということがあるので、少しでも過ぎてしまえば受け取ることができません。
それであるならば、毎月の利用料金から自動で割り引かれた方が漏れもなくて安心です。

2.「法人契約は除く」と書かれているケースが多い
キャッシュバックを行っている会社のホームページはくまなくチェックするようにしましょう。
「提供条件」という項目は非常に小さな文字で書かれているので読みづらいのですが、とても重要な事項が書かれているので目を通すようにして下さい。

その項目の中に、小さな文字で「法人契約は除く」と書かれているケースが非常に多いです。
1つのプロバイダの中で「キャッシュバック」か「毎月の割引」から選択できるならばまだよいですが、もし仮に「キャッシュバック」のキャンペーンしかやっていないプロバイダで契約してしまったら何の恩恵もありません。

3.税金の対象になる
法人がキャッシュバックと言う形で「現金」を受け取る場合、税金の対象となります。
経理上では「雑収入」として記帳されます。
キャッシュバックの金額から税金を持っていかれてはわずかしか残りませんので、メリットにはなりませんよね。

以上の3点の理由から、毎月の月額利用料金から割引されるタイプのキャンペーンを行っているプロバイダを選択するようにしましょう。

◆ちなみに、支払方法の設定・契約時の持ち物について

個人名義の場合、個人名義のクレジットカード払いか口座振替(プランによる)のどちらかしか選択することができません。
ですが、法人名義の場合は請求書払いも可能です。

法人契約をする際の持ち物は以下の通りです。

 身分証明書(免許証やパスポート)
 在籍確認証明書(会社に在籍していることを証明するもの。いわゆる名刺や社員証)

上記2点です。
携帯電話を法人契約する場合は「法人印」と「法人確認書類」が必要になりますが、Broad WiMAXの契約に関しては不要とのことなので覚えておきましょう。

◆まとめ

今回は、WiMAXを法人が契約する際の注意点と題してまとめてみました。
これらの注意点に気を付けて、快適にインターネットを活用して新生活を楽しんでみては如何でしょうか?

◆各社公式にこだわりある方へ

Broad WiMAXの公式以外

UQコミュニケーションズの公式をご案内しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です