【スタバ】ついにランチメニュー始まる! 「パスタ2種」を食べてみた / サンドイッチよりお肉も野菜もたくさん摂れちゃう! まさに「こういうのが欲しかった」

スターバックス。ドリンクやスイーツなどカフェ利用するにはちょうどいいのだが、食事となると正直、微妙だった。サンドイッチなどの軽食も、あるにはあるが何というか栄養バランスが気になるよねー……だったらサブウェイ行っとく?

だがしかし! そんな悩みももう解決かもしれない。っぃに……ついに! 待望のランチメニューが登場!! それもパスタである。

・ランチメニューに「パスタ」が登場

2018年4月18日に発売となった「スターバックス デリボックス」。この度登場したのは、イタリア風の『バジルヌードル&ローストチキン』とアジアンテイストな『トムヤムヌードル&ローストポーク』の2種類だ。いずれも620円(税抜)。

・実際に食べてみた!

野菜少な目、炭水化物多めだった従来のフードと比べ、サラダ風味なビジュアルが際立っている。さて、実際に食べてみたところ……これは結構しっかりした食べ応え! サラダっぽい見た目ではあるが、ちゃーんとメインをはれる食事となっているのだ。

まず、両方に共通しているのはパスタの味付けがしっかりしているということ。 

バジルはとにかくソースがたっぷり! 絡みに絡みまくったバジルソースが濃厚な味わいを醸している。

トムヤムヌードルは、ペンネが使われているため、ビジュアルは “らしく” ないものの、実際の味はガーリックも効いていて、ちゃーんとトムヤムしているぞ。

これだけだと胃が疲れてしまうが、お肉の味が控えめなので、バランスが取れていると言えるだろう。

またサラダにスッキリ系のソースがついているのも特徴的だ。バジルの方はワインビネガーが効いた「トマトソース」、トムヤムは「レモンクリームドレッシング」で、暑くて食欲が落ちる時期でも無理なく食べられる味。そのあたりも考えられているのかな。

ただ、パスタの味が濃い目なので、個人的にはサラダは何もかけないで食べる方が好みではある。

・こういうのが欲しかった!!

スタバのようなカフェで提供される軽食は炭水化物に偏りがちだが、これならお肉も、野菜も摂れてイイ! しかも豆や雑穀も入っていて健康に気をつかっている感じが好印象だ。

パッと見、ボリュームが少なく見えるが、私個人としてはドリンクと一緒にいただけば、わりと丁度いいと思う。ただ、超ハラペコのときや、男性だとちょっと物足りないかもしれない。

メニューを見ると「ランチメニュー」として推されてはいるものの、店頭では終日販売しているのでご安心を。ちなみにカロリーはバジルが265kcal、トムヤムが337kcalだ。甘いドリンクと合わせても罪悪感なし! はたまた夕飯にカロリー調整したいときなどにも、活躍してくれそうである。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です