【レシピあり】中国屋台でお馴染み『羊肉串(ヤンロウチュアン)』を自作することにした / シシカバブやない! 羊肉串が食べたい!! 沢井メグのリアル中華:第10回

かつて中国住みだった沢井メグが中国料理を粛々と作るコーナー『沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理』。

第10回は「羊肉串(ヤンロウチュアン)」だ。読んで字のごとく、羊の串焼きのことだ。ガイドブックなどで「シシカバブ」と表記されることもあるが……そうなんだけど……トルコなど中央アジア料理のアレとは微妙に違う! 中国・新疆ウイグル料理の「羊肉串」が食べたいのである。

・羊肉串を作りたい

私は、中国の羊肉串にはザックリと2種類あると考えている。ひとつは路上系。串刺しというより、串に薄ーく巻き付いているようなビジュアルで、肉をケチっているというより、むしろその刺し方に高度な技術すら感じるアレだ。

鮮度の良し悪しを白紙に戻すほどのスパイスがかけられており、だいたい1本2元くらい(約35円)。警察が来ると光の速さで店じまいする。

もう1つは、実店舗系。1本3~6元(約52円~104円)と路上系のものの倍ほどの価格だが、肉厚なのでそれも納得。色もそこまでスパイスカラーではない。特に経営者がウイグル族の店のものは美味であり、独自のルートでも持っているのか、肉自体も上質な気がする。ああ、だから香辛料モリモリじゃないのかも……。

今回目指すのは後者の実店舗系の方だ。それではいってみよう!

【材料】串12本分

羊肉:350グラム ※脂が乗っているものが望ましい
サラダ油:小さじ1
孜然粉(クミンパウダー):小さじ3
塩:小さじ1/2
胡椒:小さじ1
しょうゆ:小さじ2
タマネギ:中1個 ※あれば紫タマネギ

意外とシンプルな材料に驚いたかもしれない。私はかつて、羊肉串といえば、香辛料ゴリゴリにしておけばOKなのだと思っていた。しかし、何度か作ってみて気づいたのだが、タマネギこそがあの味にグッと近づく最大のポイントなのである。

【作り方】

1.肉を一口大にカットする。

2.タマネギをミキサーかおろし金ですり、全ての調味料と混ぜ合わせる。

3.1に2をよく揉みこみ1晩冷蔵庫で寝かせる。

4.3を串に刺しオーブンで焼く。今回は、グリル機能で予熱 → 5分ほど焼いて完成だ!

・肉は脂多めだとより美味しい

ああ、焼いている間に香ばしいかおりが家中に充満する。特に鼻に刺さる孜然(クミン)のニオイは、オッサンの脇の香りに激似。でもそれがいい。いかにも「中国の屋台やウイグル料理店のニオイ」という感じだ。

薄味めに仕上げているので、食べる際にクミン&塩や、唐辛子パウダーなどをつけてみよう。そしてパクっと食べてみると……あら、いいですねえ! 白ご飯が、いや、ウイグル料理店なら必ずあるパン「馕(ナン)」や焼きそば「丁丁炒面(ディンディンチャオミエン)」が欲しくなりますねえ!

今回は赤身多めな肉しか手に入らなかったのだが、よくを言えば、もう少し脂身が多い方がより現地の味に近くなる。焼き時間も脂が多い肉を使う際は、やや長めにし、カリッとするくらいがちょうどいいだろう。

なお、この作り方は、私・沢井が中国で食べたものを勝手に再現したものであり、あなたの知ってる羊肉串とは少し違うかもしれない。

適当にアレンジして好みの味にしてもらえれば、これ幸い。私は、日本にいながら中国風味を味わえたら、それだけでまぁまぁ幸せだ。そして、それを誰かと共有できたなら、これ以上の幸せはあと5~6個くらいしかない。それではまた次回まで! 再見、88~!! 

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

★こちらもどうぞ→『沢井メグのリアル中華 / 現地日本人にも超絶愛されているのに、なぜかイマイチ日本でメジャーでない中国料理』シリーズ


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です