タイ洞窟 “奇跡の救出” の少年たち、映画化か / ハリウッドの映画監督が現地入り「世界中で何百万人を鼓舞する出来事」

2018年7月10日、タイの洞窟で遭難した少年サッカーチームが無事全員救出された。遠足に出かけた12人の少年たちとコーチが大雨による増水で洞窟から出られなくなったのは6月23日。雨季による水位の上昇も懸念される中での救出劇には世界中が安堵したに違いない。

そんな奇跡の救出劇について、早くも映画化の動きがあるようだ。ハリウッドの映画監督がすでに現地入りして、映画化を企画しているのだとか

・絶対絶命な状況

洞窟を脱出するために、水没した4キロの道を越える必要があった本遭難事件。ちなみに、4キロをダイビングで進むには約11時間ほどかかるようだ

まさに、絶体絶命な状況の中、タイ内外から多くのダイバーが捜索にあたり、イギリス人のダイバー2人が彼らを発見。3日間におよぶ救出活動の結果、7月10日にタイ王国海軍特殊部隊のFacebookで「全員が救出された」との報告があった。

・ハリウッド映画化に向けての動き

本件について「この出来事はいつか凄い映画になる」と語るのは映画監督のマイケル・スコット氏とプロデューサーのアダム・スミス氏。

海外のニュースサイト「news.com.au」によると、2人はすでに映画化プロジェクトに向けて動き出しているという。外国人救助隊員やタイ王国海軍特殊部隊の中心人物、犠牲者やその家族たちにインタビューを行う計画を立てているとのこと。

「この救出劇は世界中で何百万人を鼓舞する出来事」と映画化に向けて意気込むスコットさんは、タイ人の女性と結婚しており、1年のうち3カ月をタイで過ごす。彼は「この事件の関係者をせかすような形でインタビューはしない」と語っている。

現状、スケジュールなどは未定のようだが、世界的なニュースとなった救出劇だけに映画化されれば注目が集まりそうだ。

救出活動中のダイバーが死亡するなど、救出の難しさが取り沙汰された本遭難事件。まずは、遭難していたサッカーチーム全員が助かって何よりだ。そして、改めて死亡したダイバーの冥福を祈りたい。

参照元:Facebook @Thai NavySEALnews.com.au(英語)
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です