南海トラフ地震に要注意 液状化マップ-東海地方篇



南海トラフのような海溝型地震は「強い揺れが長く続き震度が小さくても液状化が発生しやすい」という特徴があります。震源域に面した東海地方(愛知、岐阜、三重、静岡)は地震対策が急がれる地域のひとつです(2018年9月改訂版/初出:2013年6月)

Source: All about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です